壁のヒビの危険度と対処法を解説!原因やおすすめの補修業者も紹介

壁のヒビに悩まされていて対処法を知りたい方のなかには、
「ヒビの度合いによって対処法が異なるのでは?」と
気になっている方もいらっしゃるでしょう。

結論からお伝えすると、壁のヒビは危険度別に対処法が異なります。
今回の記事では、壁のヒビの危険度別対処法とおすすめの業者を紹介します。
壁のヒビにお悩みの方に役立つ内容を掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

壁のヒビの危険度はサイズや形状別に分かれる

壁のヒビの危険度は、大きく以下の3つに分かれます。

  • 構造クラック|危険度大
  • 縁切りクラック|危険度中
  • ヘアークラック|危険度小

続けて、3つの項目を順番に解説します。
危険度を確かめて、度合いによって対処法を変えましょう。

構造クラック|危険度大

構造クラックは、建物の構造に影響を及ぼす危険性のあるヒビ割れです。
幅が0.3mm以上のヒビ割れは、構造クラックである可能性があります。
建物の地盤や構造内部に歪みが生じて起こります。

重要な柱や壁に亀裂が入っている場合は危険度が高いです。
構造クラックが生じた場合は、速やかに補修しましょう。
放置すると住宅の基礎の強度が低下し、地震で倒壊する可能性があります。

自分で上から塗装し直すだけでは補修できないため、早急に業者に点検・補修を依頼してください。

縁切りクラック|危険度中

縁切りクラックは、外壁の塗装の境目に発生するヒビ割れです。
新しく塗られた塗料と既に塗装されている塗料との間で乾燥による収縮に差が生まれ、つなぎ目にヒビ割れが発生します。

構造クラックよりは危険度が低いですが、0.3mm以上の幅になっている場合は早めの対処が必要です。
まずは、専門業者に点検してもらうのがよいでしょう。

縁切りクラックは発生してから気づかずに放置されている場合が多いため、
雨水が建物の内部に入り込むなどのトラブルも起こりえます。

ヘアークラック|危険度小

ヘアークラックは、その名のとおり髪の毛のような細いヒビ割れです。
サイズは幅0.3mm以下・深さ4mm以下で、浅いヒビであるため危険度は低いです。

細かなヒビ割れであるため、塗装を重ねれば綺麗な状態にできるでしょう。
ヘアークラックの段階で対策すれば、住宅の構造に与える影響を小さくできます。

早期の補修工事は必須ではありませんが、
塗装を依頼して定期的に業者に点検してもらうのがよいでしょう。

壁のヒビを発見したあとにすべき行動

壁のヒビを発見したあとにすべき行動を3つ紹介します。

  • 壁のヒビがある箇所やサイズを確認する
  • 塗装業者に点検/見積りしてもらう
  • 壁のヒビはDIYで対処しない

壁のヒビを見つけて、どうすればいいかわからない方は、ぜひ参考にしてください。
解説を読んで、落ち着いて行動しましょう。

壁のヒビがある箇所やサイズを確認する

まず、サイズ・ヒビがある箇所がどのくらいあるかを確認してください。

コピー用紙の厚さは0.1mm前後であるため、壁のヒビの大きさを測るにはうってつけです。
ヘアークラックを確認するために、2~4枚重ねてヒビに入るかをそれぞれのパターンで確認しましょう。

コピー用紙を2枚重ねた状態でヒビに入らない場合はヘアークラックと考えられます。
3~4枚重ねても入る場合は、縁切りクラックの可能性が高いです。

目で見て1mmほどありそうなヒビが壁に入っている場合は、構造クラックを疑いましょう。
内部構造の問題があり、外部に現れているケースが多いです。

縁切りクラックは、塗装のつなぎ目に生じるヒビの可能性が高いため、構造クラックよりは深刻ではありません。

塗装業者に点検/見積りしてもらう

幅0.3mm未満のヘアークラックは、ヒビが進行しないか経過観察しましょう。
広範囲に発生していなければ、塗装で補修できます。

ヘアークラック以外は、塗装業者に点検してもらうのが無難です。
壁のヒビの判断に困った時には、点検・適切に補修してもらうために必ずプロの業者へ見積りを依頼しましょう。

壁のヒビはDIYで対処しない

壁のヒビをDIYで補修するのはおすすめしません。理由は以下のとおりです。

  • 技術力や専門知識不足で適切に補修できない
  • 事故や怪我につながる恐れがある
  • 専門業者と違ってアフターフォローを受けられない

素人が綺麗に塗装・補修するのは難しいです。
壁の補修部分にムラができたり、表面だけの補修で正しくケアできていなかったりする可能性があります。

また、思わぬ事故や怪我を引き起こす場合があるため、注意が必要です。
アフターケアもないため、すぐにまた外壁のヒビになるかもしれません。

専門業者に点検を依頼して、壁のヒビの危険度を正しく判断してもらいましょう。
補修してもらう場合は、綺麗な外観に仕上がります。

壁のヒビの危険度と生じる原因

壁のヒビの危険度と生じる原因は、主に3つ挙げられます。

  • 経年劣化や、膨張と収縮
  • 電車/トラックや地震などの振動
  • 外壁塗装の施工不良

経年劣化や収縮は避けられませんが、ヒビが生じる原因を知っておくことによって事前に対策が可能です。

進行してからでは大掛かりな修繕が必要になるので、事故になる前に壁のヒビになる原因を突き止めておきましょう。

経年劣化や、膨張と収縮

紫外線による経年劣化や、水分が蒸発するときに起きる乾燥収縮などにより壁にヒビが発生します。

外壁に生じるヒビ割れは、素材によって発生原因に違いがあります。

外壁の種類 ヒビの発生原因
窯業系サイディング 経年劣化によって素材自体が欠けたり反ったりする。
悪化するとヒビになる。
モルタル 乾燥収縮を繰り返しヒビになる。
特に寒暖の変化が大きいと割れやすい。
タイル 下地のモルタルやコンクリート部分が膨張・収縮を繰り返す。悪化するとヒビになる。
コンクリート 水分の蒸発による乾燥収縮でヒビが発生する。
施工時の打ち重ねた時間が不適切な場合もヒビ割れの原因になりうる。
注:打ち重ね時間とは、二層以上のコンクリートを打ち込む(流し込む)際に、上下の層が一体となるために守らなければならない時間のことを言います。

日本の住宅でよく使用されている素材についてまとめたので、参考にしてください。
万能な素材はないと考え、ヒビの発生原因をあらかじめ知っておくのが大切です。

電車・トラックや地震などの振動

電車・トラックなどの振動は、壁がヒビ割れる原因の1つです。
線路沿いや幹線道路沿いの住宅は該当しない場所に建っている住宅と比べて、
縁切りクラック・構造クラックになるリスクが高くなります。

道路沿いや幹線道路沿いの住宅は、振動による影響を受けやすいです。
あらかじめ把握していれば、点検する頻度を上げたり、補修するスパンを短くしたりするなどの対策ができます。

また、当然ですが地震の振動も壁にダメージが残ります。
地震が起きたあとは、収まったのを確認して、外壁の状態を確認しましょう。

外壁塗装の施工不良

外壁塗装の施工不良も外壁のヒビになる原因の1つです。
塗料の選択・工程の誤りなどがヒビ割れにつながる可能性があります。

外壁材や外壁塗装で使用する染料には耐用年数があり、
塗り直しをしなくても約10年は安全に住める場合が多いです。

しかし、施工不良があると数年で壁にヒビが発生する可能性もあります。
外壁塗装の工程内で起こった不備や、下地のコンクリートや
モルタルを正しく扱えていないと危険度の高い縁切りクラックや構造クラックにつながります。

壁のヒビを放置する危険度(リスク)は4つある

壁のヒビを放置すると、以下4つのリスクが生じます。

  • カビが繁殖しやすくなる
  • 雨漏りしやすくなる
  • シロアリが発生しやすくなる
  • 住宅の外観や耐久性を損ねる

壁のヒビを見つけたら、リスクを正しく知り、早めに専門業者へ点検を依頼するのがおすすめです。
放置するリスクについて、順番に説明します。

外壁のヒビ割れが小さいからといって放置していると、縁切りクラックや構造クラックなどの危険度の高いヒビになります。
雨水が侵入し、住宅の寿命を短くしてしまうリスクがあるので要注意です。

カビが繁殖しやすくなる

壁のヒビを放置すると湿気が壁の内部に閉じ込められ、通気性が悪くなり、カビの繫殖リスクが高まります。

特に梅雨の時期などは要注意です。ヒビに汚れが溜まりやすくなり、その汚れがカビのエサになります。

カビは人間の体に悪影響をもたらすリスクがあります。
吸い込むとアレルギーや感染症などになるため、気をつけましょう。

雨漏りしやすくなる

壁のヒビから内部に雨水が入る可能性が高まります。
内部の構造部分に水が入ると、住宅が劣化しやすくなるので注意しましょう。

ヒビが1箇所でもあると、住宅全体に影響するかもしれません。
雨漏りが発生すると、補修工事は外壁塗装に加えて内側の補修も必要になります。

放置して悪化すると修繕費用も高額になってしまうため、できるだけ早めに対処しましょう。

シロアリが発生しやすくなる

壁のヒビが0.6mm以上になると、シロアリの侵入経路になります。
特に、暗くて湿度が高く暖かい場所は、シロアリが発生しやすいです。

シロアリは雨水で腐食した木材を好んで食べるため、雨漏りと重なると最悪です。
住宅の基礎部分を食べられて、家がボロボロになる危険性があります。

シロアリ被害の不安を感じたら、ヒビの点検と同時にシロアリの予防・駆除についても相談しましょう。
生活協同組合かながわ住宅コープでは、シロアリの予防・駆除についてもご相談を承っています。

住宅の外観や耐久性を損ねる

外壁に生じたヒビ割れを放置していると、住宅の外観が損なわれます。
また、メンテナンスしないと、徐々にヒビの範囲が広がり、耐久性も失われるかもしれません。

雨風や地面からの揺れに耐えられなくなり、建物が傾いたり崩れたりしてしまう可能性もあるでしょう。

ヒビ割れは早急に対処すれば費用が大幅に抑えられますが、放置して悪化してしまうと高額になります。
費用面での負担を軽減するためにも、早めに対応しましょう。

壁のヒビの危険度点検・外壁塗装の優良業者の見分け方

以下では、壁の危険度点検・外壁塗装の優良業者の見分け方を詳しく説明します。

一般的な外壁塗装のタイミングは10年前後ですので、10年が経つ前に業者の目星はつけておきたいものです。
しかし、優良業者の見分けが難しいと悩む方も多いでしょう。

優良業者の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

  • アフターフォローに力を入れている
  • 豊富な実績がある
  • 質問内容に丁寧に答えてくれる

壁の危険度点検・外壁塗装の優良業者の見分け方を詳しく説明します。

アフターフォローに力を入れている

優良業者はアフターフォローが充実している傾向があります。
壁のヒビの修繕や塗装工事後、数年単位で定期点検をするように案内してくれるか確認しましょう。
アフターフォローがない業者は、手抜き作業をして終わらせる可能性があります。

ただし、地元密着型の小さな業者などは、アフターフォローをしない代わりに施工費を安くしている場合もあります。
地元密着型の業者は、信頼と実績があるかを確認して選びましょう。

豊富な実績がある

優良と認められる外壁塗装業者は、実績が豊富であることも特徴です。
外壁塗装は機械化できず、すべて職人による手作業です。

経験と実績の豊富さは、塗装の仕上がりに大きく影響します。
Webサイト上で、情報を公開している業者から選ぶのがおすすめです。

質問内容に丁寧に答えてくれる

見積りを出す際には、業者に質問をしてみるのもおすすめです。
専門知識がないと業者の言うことを鵜呑みにしがちですが、疑問点は契約前に解消しましょう。

優良業者であれば、細かい質問にも丁寧に答えてくれる場合が多いです。
契約前に疑問や不安を解消するよう努めてくれます。

質問時にぞんざいな態度をとられた場合は、本当に外壁のヒビの修繕を任せてもよいかもう一度考え直しましょう。
丁寧な対応をしてくれる業者を選ぶと、後悔せずに依頼できます。

まとめ

壁のヒビはサイズや形状で危険度が違うため、度合いによって対処法を変えましょう。

外壁のヒビが生じる理由は複数ありますが、ヒビが生じる原因を知っておくことによって、事前に対策できます。

住宅に影響がないうちに壁のヒビの状態確認や、原因を突き止めましょう。
壁のヒビの危険度について不安な点があれば、生活協同組合かながわ住宅コープに、ぜひご相談ください。
無料でお気軽にお問い合わせいただけます。